抗重力姿勢時に前庭脊髄路興奮性は増大する。

PAPER Column

畿央大学ニューロリハビリテーション ホームページより

抗重力姿勢時に前庭脊髄路興奮性は増大する
PRESS RELEASE 2020.2.9ヒトは地球上で重力に抗して座位や立位のような姿勢を保っています.このような抗重力姿勢を保つ上で,前庭脊髄路という神経...

みなさんお疲れ様です。

今回は2020.2.9にプレスリリースされた研究について書いていきます。

プレスリリースとは

発表内容を簡単にまとめたものになります。論文よりも読みやすく、短時間で読めます。



用語説明

直流前庭電気刺激(Galvanic vestibular stimulation : GVS)

耳後部から経皮的に前庭器へ直流電気刺激を行う手法です。

電極配置は両乳様突起で電流が流れると陽極側への身体傾斜が誘発されます。

H反射(H波)

感覚神経刺激による発生したインパルスが求心性線維を上行し、後根より脊髄内に入り、脊髄前角細胞を単シナプス性に興奮させます。

発生したインパルスが前根より遠心性に運動神経を下行し出現する電位で、成人においては下腿三頭筋以外での導出は難しいとされています。

実験方法

ヒトにおいて非侵襲的に前庭脊髄路興奮性を評価する方法として、ヒラメ筋H反射を誘発する脛骨神経刺激の100ms前に直流前庭電気刺激(galvanic vestibular stimulation (GVS))を条件刺激として与えることによるヒラメ筋H反射の促通率を評価します。

この方法は、耳後部に電極を貼付し直流電流で経皮的に前庭系を刺激し、前庭神経、前庭神経核、前庭脊髄路を介して、脊髄の抗重力筋の運動ニューロン群の興奮性の変化を評価していると考えられています。

この方法では本当に前庭刺激によるものか、単なる皮膚の刺激によるものかわからなかっため、別の実験で皮膚刺激と前庭刺激を比べています。



結果

座位のGVSによるH反射(最大H波)促通の程度は腹臥位、背臥位より大きかった。

GVSによるH反射(最大H波)促通の程度は皮膚刺激による促通の程度と比較して、背臥位では同程度であったにも関わらず、座位では大きかった。

筆者考察

抗重力姿勢である座位において腹臥位、背臥位よりも前庭脊髄路興奮性が増大することをヒトで初めて明らかにしました。

このことは、ヒトにおいて前庭脊髄路が抗重力姿勢の制御に重要であるという従来の説をより支持するものです。

私的考察

姿勢制御を考えるうえで前庭器の機能はとても重要です。

今回の実験では抗重力位のほうが前庭脊髄路の興奮性が高かったことが言えるため、例えば廃用症候群の解釈に繋がる可能性があるかもしれません。

しっかりと重力加速度が前庭器に入力され、それに対しての抗重力筋の活動が促されることで姿勢調整を行っていることが考えられます。

この条件がそろえば、抗重力姿勢調整が改善することが考えられます。

頸部アライメントが悪いと重力加速度が歪んで入ってしまうため、抗重力筋の促通率は下がってしまう可能性があります。

前庭器は頭部の加速度を拾う場所であるため、頭部の保護には必要不可欠です。

身体のコンディションがうまくいくためにも前庭器へのアプローチが必要なのではないでしょうか。

本日も最後までお付き合いいただき誠にありがとうございました。



comment

タイトルとURLをコピーしました