【セミナー後記】呼吸器の知見とアセスメント

セミナー後記

日時:2020年8月8日(土曜日)9:00〜12:00

場所:オンライン会議室Zoom

講師:山本 周平先生(信州大学医学部附属病院/理学療法士)

皆様お疲れ様です。

PAPER PiCKSセミナーが上記日程で開催されました。

山本先生のことについては前回のセミナー後記の部分で書いてあるのでこちらを見てください。

より臨床に落とし込めるように自分の経験と研究がマッチしているお話が聞ける貴重な先生だと思います。

今回もリスク管理として非常に重要となる呼吸器についての講義でした。

論文提示もしていただき、実際の臨床でどう使っていくかなど先生のお考えをダイレクトに伝えていただき、内容の濃い3時間が過ごせました。

呼吸音を聞いてどうする?

臨床に出ているセラピストなら一度なら見たことのある呼吸音の図。

図をみてどうすればよいかって意外とあいまいな部分が多くないですか?

今回は音をベースに捉えてそこから考えられることを複雑化せず、シンプルに提示していただきました。

音を聞いて考えれる疾患・病態であるCOPDやIP、無気肺についての対処法も、これまたシンプルに提示していただきました。

洗練されてシンプルになる感じ。素敵です。

呼吸音についての音源を先生からご提供いただいてますので、あとはそれをたくさん聞いて、耳に焼き付けてください。

CTから考える

CT所見の見方などもセミナーには出てきていました。

私は普段内部疾患の方のCTを診るときには、炎症っぽいとか胸水がたまっているとかをなんとなく見る程度でした。

しかし、もう少し詳しく見ることで治療選択が変化することがわかり、CTを改めてしっかりとらえられるようにしていきたいと思います。

またセミナーに出てきた論文の紹介を、コラムの方でしていきたいと思いますのでコラムの方も時々チェックお願いします。

次回予告

次回は半側空間無視の最新知見 概要と神経機構です。

日時:2020年9月11日(金) 21:00〜22:00

講師:辻本 憲吾 先生(研究員/理学療法士)

場所:オンライン会議室「Zoom』

受講料:1,000円

半側空間無視の話ししっかり聞けるところってないと思いますので是非職場のOT、STの方を誘っていただき受講していただければと思います。

職場のいろいろなスタッフで聞くことで共通言語が確立され非常に臨床を進めやすくなってくると思いますのでよろしくお願いします。

そしてこのセミナーでは新たな試みとして

セミナーを録画し、それを販売します(期間限定)。

価格は1,500円、オンラインセミナー受講者は500円

セミナーを受講できない方、また受講した方も復習に活用いただけます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この場をお借りして、講師の山本周平先生、受講生の皆様にはお礼申し上げます。

ありがとうございました

comment

タイトルとURLをコピーしました